【ラウンジで稼ぐ】くどくない!上手な場内指名の取り方

水商売で働く女の子たちが文章を制作する「実録・ラウンジ嬢!」企画。サイトを見ても条件やお店の雰囲気ばかりで、実際に働いている女の子の姿や働き方は想像つきませんよね。そこでラウンジドットコムはナイトワークに生きる女の子たちの生態に迫ってみました!
 

今回のテーマは「【ラウンジで稼ぐ】くどくない!上手な場内指名の取り方」です。

指名には本指名と場内指名の二種類があります!今回のテーマは「場内指名」の方です!次の本指名や同伴に繋げるために最初に立ちはだかる大きな壁だと思います。そこさえクリアしてしまえば次につなぐチャンスがやってきます!

ただしつこかったりくどすぎるとお客様がもうお店に来ない場合もあるんで難しいですよね?

ラウンジ嬢が場内指名をもらうにはどうお客様に伝えればよいのか疑問がわきませんか?

寄稿者は元ラウンジ嬢の「もも」さん!彼女も皆さんと同じで初めて働いた六本木のラウンジ嬢でいろいろ工夫をされて場内指名を勝ち取れるようになった女性です。今回は「くどくない!上手な場内指名の取り方」というテーマで記事を書いてくれました!初心者は当たり前ですが、これから場内指名を増やして稼ぎたいと思っている女性は必見ですよ!

 


【ラウンジで稼ぐ】くどくない!上手な場内指名の取り方

 



西麻布や六本木にある会員制ラウンジは忙しい日はみんなが指名客を呼んでいたり、意外とついてすぐに場内指名(ステイ)を女の子たちが取ってしまい女の子は動きがなく、自分のお客さんを呼べていないとどこの席にも座れなかったり、逆に女の子はたくさん待機しているけど男性客が全然いない日は最初についたフリーで場内指名(ステイ)を取れないと一生自分の番が回ってこず、1日待機になってしまいます。

時給が出ている人ならまだいいですが、シートバックやドリンクバックのお店だと給料が発生しないのできついと思います。

今回は上手な場内指名(ステイ)の取り方を書きたいと思います。

 

◆目次◆
 
 


1.フリーで困ったら幼少期の話を振る



まずフリーのお客さんとの会話を盛り上げるのが前提です。

「初めまして」の方には笑顔で明るく楽しく、適度にツッコミも入れながら会話しましょう。

男性のほとんどの人は「明るい女の子」が好きなので、笑顔を心がけましょう。

自己紹介をして特に共通点が見つからなかったり、イマイチ会話が盛り上がらない時は、「どこから来たんですか?」と今住んでる場所を聞き出して、その場所の住み心地やオススメや自分との共通点(住んだことある、大学がその辺だった、など)を話します。

これでも足りなかったら「出身はどちらですか?」で地元について語ってもらいましょう。

幼少期の思い出はどんなにトークがつまらない男性でも少し面白くなるので(笑)、幼少期の思い出を語ってもらうのはオススメです。

誰にでも幼少期はあるのでこちらも共感やツッコミをしやすいですしね。

そして幼少期の話は大体こちらが「すご〜い!!」と言いやすいトークがあるので、誉めまくりましょう。


 

2.場内指名をもらうのは簡単



私はどちらかというと場内指名をもらうのが得意です。場内指名をもらうにはコツがあります。

水商売のお店は、必ずしも全員が本気で今後も末長く通うためにフリーで来店しているわけではありません。

むしろほとんどの人がその日のノリや付き合いで来ています。

あとは自分の勤めている会社の社長や取引先の社長が支払いで、ただ連れて来られただけの部下や、接待相手を連れてきているので自分は個人プレイでは楽しめない方もいます。

そういう方は「今日は自分のお金じゃないから絶対指名しない」「今日は接待だから絶対指名しない」と思っているか、「今日は自分のお金じゃないからお金遣える(または何も考えてない)」「今日は接待だから指名するのは誰でもいい」と思っている場合があり、前者の場合は強い意志を持っているのでどんなに促しても指名には繋がりません。

前者だなと判断したら交代で席を抜ける時に1度は交渉しますが、ダメならサクッと抜けます。

後者の場合は男性スタッフに抜かれた時に

「今抜かれちゃったんですけど、もっと一緒にお話したいのでもう1杯飲んだらダメですか?」

と言います。

基本的に「指名ください」という言葉は使わずに「もう1杯一緒に飲みませんか?」というのです。

あまり深く考えていない人は「いいよいいよもう1杯飲みなよ!」とかなりの確率で言ってくれるので、場内指名(ステイ)だと男性スタッフに伝えてもう1杯もらいます。

私はずっとこれで場内指名(ステイ)をもらっていますが、後から「場内したつもりはなかった!」と怒られたこともありませんし、2杯目を飲ませてくれるお客さんは3杯目も4杯目も飲ませてくれます。(経験談)

 

3.席を抜ける時に必ずお客さんに確認する



場内指名(ステイ)をもらうには、強く押すと「しつこい」と思われかねませんが、こちらから何もお願いせずに席を抜けたり、こちらの押しが弱いと相手に気持ちが伝わりません。

私も最初は男性スタッフに抜かれて「じゃぁ呼ばれちゃったんで」とごちそうさまをして「えーもっとここに居なよ!」待ちをしていたのですが、促されないと場内指名しない方も多い(特に付き添いの人は)のと、男性客も「何も言わないで抜けるのだから場内指名が欲しくないのだろう」と思い込んでる可能性があるので、絶対に抜ける時は「もっとお話ししたいんですけど、ここに居たらダメですか?」と相手に1度確認しましょう。

もちろんこれを言っても「今日は接待だから〜」など上手いこと言って断れることもあります。(そしてその後私以外の女の子を気に入り場内指名している場合もあります)

でも聞くだけならタダです!聞くようになってから場内指名(ステイ)をもらえる確率が格段に上がったので、今まで何もお願いせずに席を抜けていた人はぜひ毎回席を抜ける時に言うようにしてください。

ちなみに言葉数が多くなると男性客に「しつこい」と思われやすいので、相手の目をジッと見つめたり、態度で「もっとお話ししたい!」というアピールをした方が効果的です。

 

4.接待で来ている人の場合



接待で来てると分かった人であれば「使える女」だと思われるよう振る舞いましょう。

その場でつまらなそうにしているお客さんがいたら会話をみんなでするように気を配ったりできる限りお手伝いをしましょう。

そして抜かれた時は「私お手伝いするのでもっといさせてください」と言えば場内指名(ステイ)をもらえます。

 

5.まとめ




どんなお客さんにも必ず「もっと一緒にお話したいのでもう1杯飲んだらダメですか?」と聞いてから抜けましょう。

これを聞くだけで格段に確率が上がりますから!言うだけはタダです。

以上が場内指名のもらい方でした。

 

 

※【関連記事】時給だけじゃない!?水商売での稼ぎ方を解説します!


 


編集後記

 
人にはそれぞれ得意不得意はどうしてもあります。面接体験入店で自分の強みを話すのもいいアピールポイントなのでまずは自分の研究からスタートですね!

話は変わって私も実は昔ホストの経験があり場内指名は得意で、特に10歳以上年の離れたお姉さま方によく指名をいただいていました!

ただ連絡や営業が凄いへたくそで(笑)指名をいただいたお姉さま方を本指名に繋げることなく、その後はそのお姉さま方が来店された時はヘルプ指名でちょくちょく稼ぎを増やすしかありませんでした…

豆に連絡を返しておけばドンペリの1本や2本が月一回ペースで開けられてたのに…

もったいないことをしました…
  

ラウンジドットコムが推薦する会員制ラウンジを紹介しています。まずは気軽に体験入店から始めてみましょう。こちらがあなたにおすすめの会員制ラウンジになります!